1. トップページ>>
  2. 会社概要>>
  3. メッセージ

ユーザーの皆様へメッセージ

燃調キットでバイク道

 平安時代に“遊びやせんと生まれける”(梁塵秘抄)というヒットソングがありました。文明の光を浴びて以来、人生の一番の目的はW遊びWになってしまってます。遊びといっても女子供の遊びと硬派の男の遊びとでは、その様相が大いに違います。心楽しいだけのフニャフニャした遊びは男の遊びではありません。男の遊びはもっと厳しいものです。“道を極める”これに尽きるでしょう。チャンバラや取っ組み合いが剣道、柔道になったり、ベースボールが野球道になり、茶を飲むことすら茶道になりました。だからバイクで遊ぶのは当然ながらバイク道になるべきでしょう。そしてついには仕事ですらそれを極めれば“仕事道”という遊びになってしまうのが男という逞しい生き物なのです。
野球道はもちろんですが剣道や柔道、茶道も手ぶらではできません。どうしても“道具”が必要ですとりわけバイク道には多くの道具が必要です。
 エンジンのチューンナップはバイク道のメインテーマです。それに必要なエアフィルターやマフラー、さらにはエンジンのボアアップ部品等々の道具が市場に供給されており、ライダー諸氏のバイク道探求に貢献しております。しかし不思議なことに、エンジン調整に不可欠なキャブレター部品のみはほとんど供給されておりません。かろうじて各車種のメインジェットセットのみが出回っておりますが、キャブレターの調整がメインジェットだけでできるわけがありません。

 岸田精密工業株式会社は、“KEYSTER”ブランドとして68年の歴史を誇る世界一のキャブレタパーツ専門メーカーです。これまでは巨大な海外マーケットに力を注いでいましたので、日本のライダーにはあまり知られておりません。このたびバイクの燃料調整が容易にできる【キャブレター燃調キット】の開発に成功したので、これを機会に日本国内にも顔を向けることにしました。日本のライダーのバイク道探求に大いに貢献するつもりです。つまりこれがバイク道の道具のひとつというわけです。例えてみれば、茶道における茶筅(ちゃせん)といったところでしょうか。

 我社が売り出した【キャブレター燃調キット】には二つの役割があります。
一つ目はチューニングです。使い古して調子の落ちたバイクを元の状態に戻すことです。エンジンへ送る混合気を適切にコントロールしてやれば、バイクの走りも戻ってきます。つまり燃調とは空燃比の調整なのです。良好な空燃比は新車の走り、新車の排気ガスを回復させるのです。
もう一つの役割はチューンナップです。バイクをより楽しい遊び道具に仕立て直すのです。バイクの女神があなたに微笑めば、期待以上の性能を発揮するのがバイク道における至福の時です。エアフィルターやマフラーをグレードアップしたり、エンジンをボアアップすれば、当然ながら必要な混合気が違ってきます。燃料の濃度や量を調整する、それが燃調なのです。