製品情報

キャブレター燃調キット

1.キャブレター燃調キットとは?

空気が燃料を完全に燃やす理想的な空燃比は14.8とされてます。しかしバイクの走行状況によってバイクが要求する空燃比は変わってきます。アイドル時には空燃比が大きく、高速では小さく、中速ではその中間というのが普通ですが、個々のバイクの性格によって異なった空燃比が要求されます。さらにライダーの好みや乗り方によっても適切な空燃比は違ってきます。さらに厄介のことには、バイクというのは使ってるうちに徐々に空燃比が変わってくるのが当り前だということです。
その理由は、1.キャブレターそのものの老朽化2.エアフィルターやマフラーの状態の変化3.各接合部のゆるみ等々多岐にわたります。加えて電気系統の劣化やエンジンそのものの磨耗等が加わると、バイクの機嫌をとるのはなかなかの難事業となってしまいます。

従来から調子の悪いバイクを元に戻す、さらにはより一層性能を向上させる、といったテーマに燃料供給の面から対応する部品が多数市販されてます。なかでも交換用のメインジェットやパイロットジェットのセットは極めて一般的な商品で広く流布してます。

パイロットジェットは主に低速領域を、メインジェットは主に高速領域を調整する部品とされてます。中速領域はもっぱらジェットニードルの分担とされてるのですが、ジェットニードルの交換部品は殆ど出回っておりません。一部車種で性能向上をうたった特殊な形状のものが市販されているだけです。そこでジェットニードルを調整しようとすれば、クリップの位置を動かすことだけしかできませんでした。しかしクリップ位置で調整できる空燃比はせいぜい±0.5程度ですので、多くの場合は満足な結果を得ることができません。

これら市販の部品を組み合わせて燃料供給を調整するわけですが、一般的にそれは相当難しい作業でした。というのは、ジェットセットからジェットを選んでキャブレターに取り付けても、それでどの程度空燃比が変わるかはやってみなけりゃ分からないからです。調整できる空燃比は大雑把で、その範囲も限られてました。何度も何度も試行錯誤を繰り返して、やっと適切なサイズのジェットを確定できればラッキーといったありさまです。だから相当に腕のよいバイクマニアが幸運に恵まれた場合にしか良い結果は得られないというのが現実でした。さらに加えて、特殊な形状のジェットニードルに交換するとなると、それとバランスのとれるパイロットジェットやメインジェットをどうするかという問題もありました。

キースターのキャブレター燃調キットには、キャブレターを修理、調整をする際に必要な部品の殆ど全てが含まれてます。ニードルバルブ、アイドルスクリュー(エアースクリュー)、フロートチャンバーガスケット等ですが、中でも特長的なのが豊富な燃調部品です。パイロットジェットは3サイズ、メインジェットは6サイズ、ジェットニードルは4サイズです。これで価格は3,000円です。(従来の市販のキャブレターパーツをご利用になってた方は、余りの安さに驚かれたことでしょう。でも国際的にはこれが常識的な価格なんです。しかもゴムのニードルバルブには、発明賞受賞のスーパーニードルである“AAニードル”を使ってます。その驚異的な性能は、純正品をはるかに凌ぐものです。)

まず3種類のパイロットジェットですが、これらはL、S、RRと表示されており、Sがスタンダードサイズ(オリジナルサイズ)です。メインジェットはLL、L、S、R、RR、RRRの6サイズセットです。これもSが標準です。具体的なジェットサイズは、カタログの品番をクリックしていただくと部品展開図が出てまいりますので、燃調キットに含まれる部品内容がご確認いただけます。なおLはリーン、Rはリッチを意味します。混合気はLの数に応じて薄くなりRの数に応じて濃くなります。

A/F= LL > L > S > R > RR > RRR(Jet Hole Size= LL)

キースターはこのようなサイズ違いのセットを、ジェットニードルにまで拡張することに成功しました。もちろんこれは世界で初めてです。ジェットニードルセットはL、S、R、RRの4サイズで、Lは標準のSよりもストレート部が太く、テーパーはゆるくなってます。逆にRはストレート部は細くテーパーはきつく、RRはさらに細くかつきつくなってます。具体的な太さやテーパー角度は、カタログの“主な燃調部品リスト”で確認してください。これによって中速から高速にかけての空燃比が自在にコントロールできるようになりました。(このテーパー角度の違うジェットニードルセットは特許出願中です。特願2010-006512)

従来から市販されているチューンナップ用のジェットセットは、サイズを等間隔に配分してあります。例えば5番とびとか10番とびになってます。しかし燃調キットのジェットセットは等間隔の配置ではありません。ジェットニードルと組み合わせ、空燃比を効果的かつ精細に変えられるサイズ設計となっております。(このジェットサイズの組み合わせ方法は特許出願中です。特願2009-199338)

FAX注文も承っております

06-6411-4002
FAX用紙をA4サイズで印刷し、ご注文ください。FAXは24時間受け付けております。

営業日カレンダー

2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
■休業日/毎週土・日曜日・祝祭日、お盆、年末年始および特定休業日
休業日にご注文いただいた商品につきましては、翌営業日以降の発送となります。